有酸素運動に適した時間帯

最初に有酸素運動を始めてしばらくの間エネルギー源となるのが、血液の中にある糖質です。
すぐに体脂肪を燃焼させることができるので、有酸素運動を血糖値の少ない時にすればダイエットに良いのではないかと思う人もいるでしょう。
唯一の脳の栄養源となるのが糖質です。
集中力が低下している極度の空腹状態では、想定外のトラブルにジョギング中に巻き込まれることもあるのではないでしょうか。
運動を低血糖状態でする場合には、肝臓のグリコーゲンを使うといいます。
筋肉をすり減らしてしまうことに、一緒に筋肉の原料となるアミノ酸も使ってしまうのでなるといいます。
おすすめなのは運動は低血糖状態で有酸素運動をするより、血糖値がある程度の状態である時に始めることです。
ダイエットは、徐々に血中の糖質から体脂肪に使用するエネルギーを切り替えた方が健康的にすることができます。
ジョギングをダイエットにと早朝にする人もいるようです。
特に高齢者にとっては空腹の低血糖状態で激しい運動をすることは、危険ではないでしょうか。
消化活動に血液が集中している食後すぐは、運動をしないほうが無難だといえるでしょう。
血糖値が安定し、消化活動も一段落ついた、食後1時間以上が経過した頃が、ダイエットを有酸素運動によって行うのにぴったりの時間帯ではないでしょうか。