有酸素運動によるダイエット

呼吸をしながら息切れせずに続けられるような運動が有酸素運動とというもので、代表的なのは水泳やジョギングです。
体を継続的に動かす運動なので、短距離走やジャンプなどの瞬発力を競うものとは違いがあります。
体内に十分に酸素を取り入れながら体を動かしますので、普段より弾んだ深い呼吸をします。
酸素は体内に取り込まれると脂肪と結びつき、運動に必要なエネルギー源に脂肪を変化させるのです。
ダイエットに有酸素運動が効果があるのは、その働きによって体内の脂肪を燃焼させることができるからです。
血液中の脂肪は、運動を始めてからしばらくは代謝が継続しています。
有酸素運動は20分以上行うと体内に蓄積されている脂肪を燃焼させるようになるため、効果的にダイエットができるといいます。
目安としては呼吸が苦しくならない程度が、有酸素運動の運動強度としておすすめです。
無酸素運動になってしまうのが、息が切れてしまうほどのきつい運動で、数分くらいしか続けられないでしょう。
それから健康に良いことがたくさんある有酸素運動は、ダイエットだけでなく、心肺機能の強化や血圧の低下、筋力増強効果などがあるといいます。
簡単な有酸素運動は誰にでもできるものだといえます。
大事なのは継続して行うことができるかどうかで、ダイエットを成功させるポイントだといえるでしょう。